MENU

カブドットコム証券での外国株の取り扱いはどうなっているの?

株式運用をする時に大事なこととして、リスクマネージメントがあります。株式投資をする時に心掛けておきたいのは、絶対に儲かる方法はない点です。自分の取引でもしかすると損失を計上するかもしれないということを常に頭の中に入れて取引する必要があります。

 

そこで分散投資をお勧めします。分散投資とは、株式であれば一つの銘柄に集中して投資しないことです。複数の銘柄に分散して投資することで、例えば5種類の銘柄で分散投資していて、Aという株式が値下がりして損失を計上したとします。しかし残りのBとC、D、Eという銘柄で一定の利益が出ていれば、Aの損失分を穴埋めできるわけです。分散投資は株式運用のリスクマネージメントの基本と思ってください。

 

分散投資をする時に、できるだけそれぞれの銘柄に関係性のないような組み合わせを考えましょう。全く異なる産業の銘柄を購入すれば、一つの銘柄が値下がりしても影響を受ける可能性は少ないです。また国内で何か大きな異変が起きると、国内のマーケットが全体的に値下がりすることもあります。国内株だけの分散投資だと、このような事態に対応しきれなくなります。そこでできれば、外国株も購入してリスクマネージメントすべきです。

 

ネット証券として注目されているカブドットコム証券では、残念ながら外国株の取り扱いは行っていないようです。国内銘柄を使ってリスクマネージメントをしないといけません。しかし外国関係の金融商品は取り扱っています。先物取引をカブドットコム証券では行っているのですが、ニューヨークのダウの先物取引などは販売されています。外国の金融商品を使って資産運用してみたいというのであれば、カブドットコム証券の先物取引をチェックすべきです。

カブドットコム証券


カブドットコム証券の詳細へ